あなたのバンドソーの交換方法

最終的に、あなたがバンドソーをどれだけうまく維持していても、疲れたバンドソーブレードを交換する必要があります。ブレードの寿命を延ばすためには、特にカッティングテクニックを使い、バンドを適切に維持しておくことが大切ですが、最終的には何をしても摩耗します。帯鋸刃の交換は、最初はやや怖いかもしれません。実際には、帯鋸刃の交換は、簡単に行うことができる簡単な手順です。以下に示すのは、帯鋸刃の交換方法の良いアイデアです。

バンドソーのブレードは修理が困難であることが知られています。あなたの刃が割れていても歯が抜けていても、それまでと同じくらい鋭くなくても、あなたはいつもそれを交換する方が良いでしょう。

ステップ1 – 準備をする

新しいバンドソーの刃がしっかり巻き上げられます。彼らはこのフォームで扱うのは安全ですが、突然スリップしたり、切断したりすることなく、開くことは非常に困難です。これを避けるには、まず目の保護具と手袋を着用し、ロングパンツと長袖シャツで完全に覆われていることを確認してください。次に、ブレードを開いたままにして、一緒に保持しているタイを切断します。最後に、ブレードをあなたの向こうから遠くに投げ、それ自身のコイルを外します。

ステップ2 – ソーを準備する

古いブレードを交換するには、まずブレードにアクセスする必要があります。何かをする前に、バンドソーを切り、電源から切り離してください。

ステップ3 – ブレードの交換

次に、バンドソーの両方のブレードガイドを緩めます。最後に、古い、疲れた刃の張力を解放する必要があります。これを行うには、テンションホイールを使用します。これを済ませたら、古いブレードを安全に取り外すことができます。それをコイルに巻いて結びつけてください。

ステップ4 – 仕上げ

バンドソーが準備完了したら、新しいブレードを取り付けることができます。まず、ガイドベアリングを使用して新しいブレードを所定の位置に保持します。あなたが緊張を締めるように鋸を所定の位置に保持する。鋸刃が適切な位置に正しく固定されたら、それを所定の位置に保持する必要がないほど十分に強く締めることができます。

これをやり終えたら、あなたのステップを逆にしてバンドソーをもう一度使う準備ができます。すべてを閉じてブレードガイドを再調整する必要があります。

新しい帯鋸刃の取り付けが完了したら、それを差し込んでテストすることができます。ブレードが振動しているかどうかを確認してください。振動している場合は、再びブレードの張力を上げる必要があります。

また、古い帯鋸刃を適切に処分する必要があります。