どのように溝をリベットする:4つのヒント

あなたの雨樋をリベットする方法を知っていることはかなり簡単なことのようです。ただし、このタスクを完了するための重要な要素を覚えておく必要があります。

最初に、あなたが働いていることと、なぜそれをやっているのかを知るべきです。リベットは、2つの組の材料の間に配置されて、これらの部品を一緒に保持する。リベットが雨樋に使用されると、それは2つまたは3つの部分を1つの長い雨樋に変えます。

1.右のリベットマテリアルを選択する

以下はリベット方法を学ぶときに覚えておくべきヒントです。これらの単純なことを無視することで、あなたの持っているはずの単純なプロジェクトを長期的な問題に変えることができます。

2.正しいサイズの穴をあける

正しいリベットを選択すると、あなたの溝の損傷を防ぐ方法を選択することを意味します。アルミニウム材料は、鋼材が鋼製リベットを必要とするのと同様に、アルミニウムリベットを必要とする。

3.掘削中のクランプの使用

あなたの溝材料と同じ材料をリベット材料として選択すると、2つの異なる材料が一緒に使用され、一緒に固定されたときに起こる腐食を防ぐために、あなたの力ですべてを行っていることを確認する時間がかかります。

4.リベットを挿入する

右のリベットを選ぶのと同じくらい重要なのは、リベットの穴を掘削する大きさです。穴をあけるための正しいドリルビットを選択するために、リベットの慎重な測定を行う必要があります。

最後にリベットを固定するのが難しくなるほど、より確実なフィット感が得られます。明らかに、リベットがまったく適合しない穴はあまりに小さくありませんが、あなたが探しているものがとてもぴったりなフィット感を確保するのに十分小さいことを確認してください。

あなたがリベットを掘り下げて使用するためにあなたのドリルビットを選択した後、まだ掘削を開始しないでください。あなたはまず、溝の上にあなたのリベットをレイアウトしたいと思うでしょう。それらを挿入したい場所のすぐ近くに設定します。これらのリベットをクランプで一時的に固定してください。今度はあなたのリベットの穴を掘ることができます。

掘削プロセス中にこれらのリベットを締め付けることで、溝が動かず、掘削が正確になります。

あなたのリベットのための穴が掘られた後、それらのクランプを取り除き、あなたのリベットを所定の場所に置く時です。

あなたがする必要があるのは、リベットを所定位置に押し込むだけです。穴を間違って穿孔すると、これはやや厳しい作業になる可能性があることに注意してください。リベットはより強く押し込まれますが、それらは適所にはめ込まれます。それが厳しいほど、挿入するのが難しくなるほど、より安全な添付ファイルを意味します。

このDIYプロジェクトで覚えておくべきことは、正確さと正確さが全く問題なく終わらなければならないためです。

上記のヒントを覚えておくだけです。これは非常に長い時間一緒に残っている雨樋があることを保証します。