ガス焚きボイラーの直接通気システムの設定方法

家庭や家庭の安全がガス焚きボイラーに直接通気することが不可欠です。ガスボイラーの直接通気システムをセットアップするには、以下の手順に従ってください。

ステップ1:直接排気口から煙突または壁面までの測定

あなたのガス焚きボイラーを換気するために屋根の煙突を使用してください。煙突がない場合は、外壁を通して通気孔を開けてください。ボイラーの上部または上部の直接排気口から煙突または壁面までの距離を測定し、鋳鉄管の通気長さを測定します。

ステップ2:ベントホールをカットする

石工鋸を使用して排気孔を切断します。それはそれを通して嵌め込まれる鋳鉄管のノズルよりも大きい1/16インチを測定する必要があります。標準的な幅は3インチ、3-1 / 2インチ、または直径4インチです。

ステップ3:パイプ通気ラインの取り付け

ボイラーの排気口から鋳鉄管部分を通気孔に取り付けます。鋳鉄のセクションでは、気密組立てにスチール製の押し込み式ニップルを使用します。

ステップ4:サイドウォールシンブルを取り付ける

サイドウォールシンブルはガス燃焼ボイラに含まれます。遮蔽された側面を屋外に向けて、外部排気口の端に取り付けます。