ビルジポンプスイッチの交換方法

古い配線を外し、新しい配線を正しく接続するために、ビルジポンプスイッチを交換するときは注意してください。スイッチが正しく接地されていることを確認してください。スイッチが浸水したり損傷したりすると動作を停止します。ビルジポンプのスイッチを交換するには、以下の手順に従ってください。

コンピュータ化されたスイッチを常に同じタイプに交換し、フローティングスイッチをフローティングスイッチに交換してください。

ステップ1:正しいスイッチタイプを選択する

ターミナルとバッテリの両方で、ビルジポンプへの電源を切断します。ヒューズを端子の内側から取り外します。端子とバッテリーからスイッチワイヤーを外します。ビルジポンプからスイッチ機構を外します。

ステップ2:古いスイッチを取り外す

ターミナルとバッテリのすべての接続部に腐食や錆がないか点検します。ワイヤブラシでコネクタを完全に掃除します。スイッチのネジ留め具のパイロット穴からほこりや汚れを取り除きます。

ステップ3:すべての接続と留め具パイロット穴をクリーニングする

このスイッチは、ダッシュボードの2-3 / 16インチの穴に2-1 / 16インチの穴に取り付ける必要があります。穴が正しいサイズであり、200グリットのサンドペーパーを使用して粗いエッジを砂で拭きます。

ステップ4:ダッシュボードの穴が正しいサイズであることを確認する

スイッチをフロントパネルでダッシュボードに取り付け、黒色の黒色のネジ4本を取り付けます。ダッシュボードや他の楽器を叩くことなくオンとオフを切り替えることができるように、パネル内で正しく調整します。

ステップ5:スイッチを挿入する

ビルジポンプスイッチに付属の配線図を参照してください。 3線式コンピュータ化されたスイッチの場合は、茶色と赤色のワイヤを端末の下側コネクタに接続します。スイッチのメインワイヤを端子の上部コネクタに接続します。黒い線はポンプのための地面になります。ポンプに取り付けたままにしておきます。茶色のワイヤーが端子をポンプに取り付けます。フローティングスイッチの場合、スイッチのアース線はポンプに直接接続され、フローティングスイッチワイヤは端子のトップポストに接続されます。

ステップ6:端末とバッテリへのスイッチの配線

ステップ7:端子からバッテリへのホット側ワイヤの取り付け

ホットサイドワイヤはバッテリのプラスコネクタに接続され、グランドワイヤは両方のタイプのスイッチのネガコネクタに接続されます。

スイッチを操作し、電源サージまたは停電から保護するために、取り付け手順で指定されたヒューズサイズを端末に取り付けます。

ターミナル、バッテリ、およびスイッチの接続が確実に行われていることを確認し、スイッチをオンにしてテストします。スイッチには2つのONポジション、AutoとManualがあります。手動設定でスイッチを放すと、スイッチはポンプをオフにします。ポンプが最低作動ライン以下に水を排出すると、スイッチは自動設定でオフになります。スイッチ上の赤いランプが点灯していることを確認して、動作していることを示します。

ステップ8:ターミナルにヒューズを取り付ける

ステップ9:スイッチの電源を復元してテストします。