ブレーキライトスイッチの交換方法

あなたの車両のブレーキライトスイッチは実際にリレースイッチです。ブレーキペダルが踏み込まれると、スイッチはブレーキライトを点灯してオンにします。これは、単一の電気ケーブルで給電されるかなり簡単なスイッチです。ブレーキライトスイッチは時間の経過とともに故障する可能性があり、そのことが起こるとブレーキライトがオンにならない。ブレーキライトがなければ、簡単に事故を引き起こす可能性があります。あなたはまた、チケットを取得し、罰金を払う必要があります。ブレーキ電球が最初に損傷していないかチェックしてください。破損している場合は、スイッチが誤っていると思われます。車の電球がうまくいけば、ブレーキライトのスイッチは最も責任があります。ブレーキライトスイッチの交換は安価で簡単です。次の記事では、その方法を説明します。

ブレーキライトスイッチは、多くの場合、すべての車両の同じ場所にあります。運転席のサイドドアを開けて、マットを取り外しておく必要があります。適切に手を伸ばすために膝を下ろしてください。ヘッドランプは、ダッシュボードエリアの下で暗くなる可能性があり、両手を自由にすることもできるので、良いアイデアです。ブレーキペダルが接続されている場所を見つけるまで、ブレーキペダルがあるダッシュボードの下に手を置いてください。これがブレーキライトスイッチの位置です。

ステップ1 – ブレーキライトスイッチを探す

ダッシュボードの下には、スイッチを覆うカバーがあります。それは通常、フィリップスヘッドであるいくつかのネジで取り付けられます。傾けることができるパワースクリュードライバーを使用することをお勧めします。ドライバーを使用して、カバーにあるネジをそれぞれ取り外します。ネジを横にずらして、カバーをはずします。

ステップ2 – ブレーキライトスイッチにアクセスする

最初のカバーの下にはブレーキライトスイッチを覆う別のものがあります。このカバーにはボルトがついています。ボルトの実際の数は、車両のモデルによって異なります。ソケットレンチを使用して各ボルトを取り外します。それらをネジで横に置きます。これで、ブレーキライトのスイッチカバーを取り外して、実際のスイッチを見ることができます。スイッチのコネクターをコネクターから外して、コネクターを外します。これにより、スイッチに電力が供給されます。

ステップ3 – ブレーキライトスイッチを取り外す

新しいブレーキライトスイッチは非常に取り付けが簡単です。ステップ3で取り外した電源ケーブルを新しいスイッチに接続します。新しいスイッチに完全に押し込まれていることを確認します。スイッチをプレートカバー付きダッシュボードの下に戻します。あなたが以前に取り外したボルトを交換するときに、片手で所定の位置に保持してください。ステップ1で取り外したカバーを交換できるようになりました。カバーをブレーキライトスイッチの上にスナップして、取り外したネジを取り付けます。

ステップ4 – ブレーキライトスイッチを交換する