ボートのイグニッションスイッチをテストする方法

ボートのイグニッションスイッチをテストして、トラブルを避けることが重要です。船員間の安全対策の一環である。イグニッションスイッチはボートにとって非常に重要です。なぜなら、それは始動の原動力であるからです。したがって、船のイグニッションスイッチをテストするのが一般的です。さらに、このデバイスのテストは簡単で、技術者に電話する必要はありません。自分でテストすることができます。

あなたのボートのマニュアルを特にボートイグニッションスイッチで読んでください。なぜならボートごとに異なるかもしれないからです。次に、ボートエンジンに漏れがないかどうかチェックしてください。スイッチの使用を開始しようとすると、爆発の危険性があります。ボート、特にスイッチに接続されているボートの配線を確認してください。短絡の問題が発生する可能性があります。バッテリの問題がほとんど発生するため、テスト前にバッテリの状態を確認してください。バッテリーから始まり、エンジンにつながるワイヤーに従ってください。バッテリとスイッチを接続するスタータソレノイドと接続を確認してください。

ステップ1 – エンジンをチェックする

次に、あなたは物事を火花にする準備が整いました。ボートのイグニッションスイッチを使ってキーを少し回してエンジンを始動します。珍しい音が聞こえたら慎重に聞きなさい。存在する場合は、テストを中止してください。エンジンに問題があるかもしれません。最後に、エンジンのスイッチを入れるのに成功した場合は、エンジンを加熱するためにエンジンを長時間連続回転させてください。その後、エンジンの電源を切って数分待ってください。イグニッションスイッチのテストに満足するまで、ステップ2を再度実行します。

ステップ2 – エンジンの電源を入れる