所有者が死亡した場合に車を売る方法

あなたが死亡した所有者の車を売却する必要がある場合は、あなたがいる管轄地域の法律について何かを知る必要があります。これにより、死亡後に車両に何が起こるかを判断し、を車両に送信する。あなたが死亡した所有者の車を売りたい場合は、車両の正当な所有権が必要です。

ほとんどの場合、車両は死亡した所有者の財産に渡され、その財産の正当な相続人または受益者に分配されます。不動産が不動産内でどのように配分されているかは、意思表示、信託またはその他の法的文書によって示されます。これは、あなたが死亡した人の車を売却するために法的権利を主張できるかどうかを判断する最初の場所です。

車両は不動産に入る

車の所有者が遺言を残さずに死亡した場合、これは死に絶るものとして知られています。このような状況で起こるのは、死亡した人物の所在を確認するために、州が死亡した人物の遺言を確認し、満たされなければならない負債や負債を明らかにすることです。不動産を査定するプロセスは、意志なく死んだ人にとって何年もかかることがあります。これは、車を売ることは不可能に隣接することがあります。

死ぬ黙示録

あなたが死亡した車の所有者の生きている相続人の間で車の所有権を一般に理解していれば、すぐにそれを販売することができます。ただし、売却が完了すると、売却代金が相続人に均等に分配されることに基づいて、この合意が成立する可能性があります。

相続人の間で理解を得る

不動産のコンサベーターまたはトラスティとして働く弁護士も、あなたの代わりに介入して、死者の車の売却を手伝うことができます。これは、債務または納税義務を解決するために、不動産を決済するための受託者の関心、または不動産の一部に基づいている可能性があります。

受託者との協力

いかなる税金債務に関しても、不動産の価値に基づいて不動産税を課すために、IRSは自動車を売却することに関心を持っているかもしれません。当時の州法および連邦財産税法に基づいて、不動産が数百万ドルの価値を有する場合、これにより不動産価値の45〜55%の納税義務が生じる可能性があります。

州および連邦地方税の負債

親しい友人、親戚または他の家族の車を売りたい場合は、弁護士と相談するか、あなたが住んでいる国の法律および死者の車が入っている法律に関する情報を入手することが重要ですこの取引中に発生する可能性のある悲しみやその他の問題からあなたを救うことができます。