木の閾値を汚す方法

あなたの家の入り口にある木の敷居は、喫水、水漏れ、汚れの防止に大きく貢献することができます。強化し、閾値をよりよく見えるようにするには、良い染みは非常に効果的です。

良質な木目の均一な塗布は、表面の準備から始まります。あなたの閾値はノットやクラックのような傷みのない健全な木で作られるべきです。オークのようなきめの細かい木材は、使用するのに最適な木です。スレッショルドを定位置に置き、ドアが接触していないことを確認します。

ステップ1 – しきい値の確認

ミディアムグレードのサンドペーパーを使用して、木のスレッショルドのすべての面を滑らかにします。特に注意してください。非常に細かいガラス紙で準備を仕上げる。スレッショルドはサテン感触に滑らかに感じるはずです。

ステップ2-サーフェスの準備

小さなペイントブラシを使用すると、汚れが均一に塗られます。木材スレッショルドを乾燥させておく必要があるため、ベースもやってみないでください。スレッショルドの端は汚れを非常に迅速に吸収します。

ステップ-3ステインを適用する

汚れた表面を滑らかにするために、細かいガラスペーパーを使用してください。あなたは多くの繊維が上昇し、表面がもはや滑らかにならないことを発見します。

ステップ-4第1コートが乾いているとき

もう一度汚れを塗ります。汚れを乾燥させ、細かいガラス紙でこする。 3番目と最後の染みを塗ります。

ステップ5-ステインを塗る

汚れはシーラーではありませんので、水に対する木の閾値を保護する必要があります。良質のシーラントを使用し、少なくとも2回の上塗りを施してください。しきい値の終わりに特に注意してください。端が適切にシールされていないと、水に脆弱です。

ステップ-6-しきい値のシール

ステップ-7-しきい値のベースをシールする

スレッシュホールドのベースを汚す必要はありません。しかしそれは封印されなければならない。シーラントを少なくとも2つのコートで塗布し、ファイングラスでコート間にこする。

スレッショルドを取り付けたいフロアにグロス仕上げがある場合は、スレッショルドにグロス仕上げを施す必要があります。

光沢仕上げは、ワニスを用いて達成することができる。閾値の色を変更しないように、透明なニスを使用してください。少なくとも2つのコートでワニスを軽く塗布し、完全に乾燥させる。

グロス仕上げをシールするには、良好なワックス磨きを使用してください。糸くずの出ない柔らかい布で磨きをかけます。通常の円運動で研磨を閾値にこすります。

スレッシュホールドが適所に取り付けられているときは、ドアがそれに接触していないことを確認する必要があります。ファスナーの周りに小さなシーラーをかぶり、自然乾燥させます。

ステップ-8-光沢またはマット仕上げ

ステップ-10-光沢をかける

ステップ-11-光沢を封じる