杉やビニールサイディングから塗料を剥がす方法

塗料にゆるみの兆候が見えるときは、シーダーやビニールサイディングから塗料を剥がす必要があります。ペイント剥離は、様々な理由によって引き起こされる可能性があります。最も一般的なのは変化する気象にさらされることです。水分と熱が出たり来たりすると、塗料はシール性を失い、最終的には亀裂を生じます。杉やビニールサイディングを再塗装する前に、古い塗料を剥がす必要があります。杉とビニールサイディングから塗料を剥がす方法は次のとおりです。

サイディングの表面に塗料剥離剤を塗布する前に、塗料剥離剤を節約するために既に緩んでいる塗料を除去することが重要である。これを行うには、単にプラスチックパテナイフの端を工具として使用します。下にあるビニールや木材を破壊したり、害したりする可能性があるため、金属のパテナイフは使用しないでください。すべての緩んだ塗料が表面から剥がれるまでこの方法で続けます。

ステップ1 – ルーズペイントをこすり落とす

その効果を最大限にするには、クリーナー表面にペイントストリッパーを適用する必要があります。これを行うには、単にスポンジを濡らし、清潔になるまですべての表面に行きます。広い領域を扱うときは、長いハンドルに取り付けられたスポンジを使用してください。これにより、作業がずっと楽になります。表面がちょっと乾燥するのを許してください。

ステップ2 – 塗装面を準備する

ペイントストリッパーは様々な方法で適用することができます。製品がスプレー缶に入っている場合は、塗料の表面に缶の内容物を均等にスプレーしてください。製品がボトルに入っている場合は、内容物の一部を容器またはペイントパンに注ぎます。ペイントにローラーやペイントブラシを使用してください。これらの化学物質を扱うときは、手袋を着用して、皮膚を焼くことができるようにしてください。製造業者が推奨する時間の間、ペイントストリッパーをペイント上に置く。それは15分〜約24時間かかることがあります。

ステップ3 – ペイントストリッパーを適用する

塗料が緩み始めると、プラスチックパテナイフを使って塗料を表面からこすり落とします。すべてのゆるい塗料が取り除かれるまでこれを行います。まだサイディングにたくさんの塗料が残っている場合は、塗料ストリッパーを再塗布し、擦り取り手順を繰り返します。

ステップ4 – ルーズペイントをはがす

杉やビニール塗料の上に残った塗料を取り除くには、研磨パッドや粗いスポンジなどの軽度の研磨剤を使用してください。余分な塗料が簡単に取り除かれます。

ステップ5 – 残ったペイントを削除する

ビニールサイディングでペーストストリッパを使用する前に、小さな領域で製品をテストしてから、材料に悪影響を及ぼさないことを確認してください。下にある材料の損傷を避けるために、塗料をひどく擦ったりこすったりしないでください。

ヒント