車のドアスイッチを交換する方法

ドアスイッチは、作業中に車内で最大のものの1つになります。窓を開けたり、サイドミラーを並べ替えたり、ボタンの簡単なタッチでドアをロックすることは、人々が長年にわたって慣れ親しんで楽しんできた便利なものです。これらのことがもううまくいかないときは、できるだけ早くそれらを修正して、使い続けることができます。ドアスイッチを交換することは、あなたが修理工場に運ぶために必要とするものではありません。いくつかの基本的なツールと時間は、ドアスイッチを交換するために必要なものです。

新しいドアスイッチの自動車部品店に行くときは、実際に正しいドアスイッチを購入していることを確認してください。あなたがスイッチを注文すると、彼らはあなたの車について、メイク、モデル、トリムスタイルのような質問をします。これらはすべてあなたが必要としている実際のスイッチを決定します。スイッチを設置して家に持ち帰ったら、すでに車両に取り付けられているものと比較してください。同じ場合は、引き続き交換してください。

ステップ1 – 正しいドアスイッチを購入する

一部の車には、スイッチを所定位置に保持するトリムがあります。これは小さなネジで取り外すか、マイナスドライバーを使って取り除くことができます。あなたがそれを踏んでいるなら、あなたがトリムピースを壊さないように注意してください。

ステップ2 – トリムを削除する

ドアのスイッチを握っているネジがあるか、単に外に出るネジがあります。ネジは通常、スイッチアセンブリの中央または金属製のベゼルにあります。適切な方法でハンドレストからスイッチを取り外します。

ステップ3 – ポップアウトスイッチ

ほとんどのドアスイッチの交換では、ドアパネルを取り外す必要はありません。しかし、パネルの下にワイヤーハーネスがある車がいくつかあります。幸いにも、単純なポップリベットで固定されているので、問題なくパネルを取り外すことができます。ドアの周りを回り、一度に1つずつリベットを持ち上げてください。

ステップ4 – ドアパネルを取り外す

ベゼルとドアのハンドレストからスイッチを持ち上げると、電源に接続するワイヤクリップに気付くでしょう。ワイヤーハーネスがスイッチに接続されているようにスイッチが組み込まれている場合は、ドアを外してドアを開ける必要があります。

ステップ5 – ワイヤハーネスを外す

新しいドアスイッチを所定の位置に置き、配線を接続します。

ステップ6 – 交換スイッチ

ステップ7 – ドアを再構成する

新しいスイッチを電源に接続したら、ドアパネルを元に戻すことができます。パネル全体を回り、リベットを一度に1つずつポップしてください。ドアが固定されたら、スイッチベゼルを元の位置に戻して戻すことができます。必要に応じて、トリムを交換し、新しいドアスイッチを試して、正しく作動していることを確認します。