電磁接触器のテスト方法

磁気コントラクタまたはスタータは、電気モータに電力を供給するために独自に作られています。これは、物理的および電気的に取り付けられた過負荷リレーを備え、モータの過負荷を検出して、電源電圧の開閉をトリガします。それは、電気によって駆動されるスイッチであり、電気モーター、照明、暖房および電気を積んだその他のアイテムを操作するために使用されます。このガイドは、磁気コントラクターをテストするのに役立ちます。

まず、重要なステップは、磁気コントラクタのL側またはライン側に通じるすべての電源をオフにすることです。その後、ライン側のネジにあるワイヤを引き出し、ペンやクリアテープをマーカーとして使用してこれらの配線を認識する必要があります。ペンを使ってクリアテープにL-1、L-2、L-3を書き込んで、それぞれの配線にポストしてください。

ステップ1 – 請負業者のL側とT側を特定する

次に、請負業者のTまたは端末側からワイヤを引き出し、L側プロセスと同様にして、名前としてT-1、T-2、およびT-3を使用して各配線にマークを付けてマークを付けます。これにより、各配線に対応する側面が確保され、次の手順での誤読を防ぐことができます。

ステップ2 – ボルトを抵抗計に接続する

コントローラ内のコイルに通電するには、制御スイッチをON状態にします。請負業者からの明確なクリック音とハミング音が聞こえたら、正常にオンになったことがわかります。オンにしたときにコイルに通電すると、何らかの視覚的なヒントが得られる他の磁気コントラクタがありますが、

ステップ3 – テストを観察する

ボルトオーム計を取得してスイッチを入れ、オームがセレクタースイッチの前に置かれていることを確認してください。その後、赤のリードを “オーム”コネクタに、黒のリードを “コモン”に設定し、両方のリードに一緒に触れてください。電圧オーム計は0オームまたは直接的な短絡を読み取る必要があります。

L側をT側L-1〜T-1に接続し、L側をL側に、黒側をT側にして試験を進めます。配線が0オームを読み取っていないかどうかを確認してください。そうでない場合は、磁気接点が不良であるため、接点を交換する必要があります。

常に電圧計ですべての測定値を観察し、0Ωで直接短絡した同じ測定値を生成する必要があります。そうでない場合は、コイルが正しくリンクされているかどうかを確認してください。また、クリック音が聞こえる場合は、コイルのコントロールスイッチを回してみてください。クリアなクリック音が聞こえない場合は、コイルの電圧源を確認してください。

オームメーターをボルトに回し、メーターのボルトコネクターに赤いリード線をセットし、コイルへの電源を入れます。各リードは、各コイルコネクタと直接接触していなければなりません。計器の読みは実際の電圧供給でなければなりません;回路の仕様を読んで電圧の量を得ることができます。電圧が正確であってもコイルが閉じないと、エネルギーの流れを止める必要があります。

この時点で、ドライバーを使用してコイルへのワイヤーの取り外しに進むことができます。ボルトオームメータを再びオームにリセットしてください。その後、今度はオームの位置にあるメーターを使用していましたが、しばらく前に電圧を読み取っているように、コイルのコネクタにつながる各リード線に触れてみてください。オームメーターが10〜100オームの間で読めるようにしてください。そうでない場合、コイルは交換される必要があります。